コラム

コラム

スタッフへの注意

吉村家という家系ラーメンの総本山が横浜にあります。以前テレビ番組のドキュメントで見たのですが、店主が修行に来た店員を叱りつけるシーンがありました。歯科医院でも同じようにスタッフを叱りますか? スタッフへの注意をどのようにするのがよいか、ご説明します。
コラム

職業と技術の進歩

今から40年前の1980年ごろ、父の会計事務所の顧問先に印刷会社がありました。従業員は50人で大口の顧問先でした。今回は、印刷業界を例にとって比較して、歯科医師という職業について考えてみました。技術の進歩がもたらすものとは?
コラム

歯列矯正料の計上時期

このところ、アライナー矯正などが増え、一般歯科でも矯正をするケースが増えてきました。矯正歯科の装置・基本矯正料は収入の計上時期が難しく、契約書を正しく書かないと、思わぬ税金を支払うことになりかねません。契約書作成時の注意点について、ご説明します。
コラム

スタッフはどこへ消えた?

最近の歯科医院の悩み事は求人です。少し前までは「衛生士は来ないけど、助手ならすぐ来る」と言っていましたが、今はその助手の採用もままなりません。まさに「スタッフはどこへ消えた?」です。この採用難の時代にどう対応すればよいでしょうか?
コラム

スタッフとの向き合い方

スタッフの年齢がバラバラで、年代ごとに仕事に対する考え方・姿勢が全く違う。特に若いスタッフは無断欠勤、気に入らないことがあればすぐ辞める。どのように向き合うといいのでしょうか? このご質問にお答えします。
コラム

借り入れの不安

開業前の先生から、借り入れの相談を受けます。一番の不安は「本当に借りることができるか」です。この気持ちは当然で、開業で大変なのは、融資を申し込んで資金調達を受けることです。
コラム

採用の基準

ある大型の歯科医院の院長と、勤務医の採用の話をしました。その院長の採用基準は「変わった奴」。面接をしたとき、ちょっとクセがあったり、ぎこちないくらいの人材を採用するそうです。変わった基準なので、理由を聞いてみると? 勤務医採用のコツを探ります。
コラム

スタッフの面接と採用

売り手市場の今、求人応募者と面接をしても辞退されるなど、歯科医院のスタッフ採用に苦労している先生も多いのではないでしょうか。採用率を少しでも良くするためには、面接方法を工夫してみましょう。応募者との面接方法のポイントをお教えします。
コラム

医院の名前を考えよう

歯科を開業するとき、医院名はとても大切です。 患者さんが覚えやすい名前、知られやすい名前をつけると、多くの方に認知されます。 より多くの患者さんに知ってもらうための医院名を考えましょう。どんな医院名が良いか解説します。
コラム

いつ開業するかを決める

開業の相談で「いつ開業する予定ですか」という問いかけをすることがあります。「あと何年かしたら開業したいと思っています」と言われることや、「いつかは開業したいと思っていますが、具体的にはまだ……」という返事も。具体的に期日を決めるべき理由をご説明します。
タイトルとURLをコピーしました